サプリを利用する

自律神経失調症とは、自律神経系に何かしらの不調がある場合の総称です。
実はこの症状に関しては、明確な診断基準があるわけではないです。
診断基準がある自律神経系の症状にあてはまらないものが、この病名を付けられる事が多いです。
そのため、症状の内容も多岐に渡ります。
代表的な症状としては、慢性的な疲労やだるさ、眩暈や頭痛等があります。
また精神面では、イライラや不安感、感情の起伏が激しくなる等の症状が出ます。
自律神経失調症になる原因としては、生活リズムの乱れや環境の変化、過度なストレスの蓄積等があります。
また、女性ホルモンの影響を受けているケースもあります。
治療は神経科や心療内科が担当する事になります。
薬物療法や行動療法が行なわれる事が多いです。

前述したように、自律神経失調症の治療では薬物療法や行動療法が用いられる事が多いです。
薬物療法では、抗不安薬やホルモン剤等が使われます。
これらの薬の服用を続ける事で症状の改善を目指します。
行動療法とは心理療法の一種で、睡眠の周期等を整える事で症状の改善を行ないます。
他の心理療法に比べて短い期間で効果が出やすく、費用負担も軽くて済むといったメリットがあります。
また、それ以外の治療方法としては、サプリメントや漢方薬を使うといった方法もあります。
サプリメントや漢方薬は、薬物に比べると副作用等が少ないので、体への負担は軽くなります。
効果のあるサプリメントとしては、ローヤルゼリーや高麗人参等があります。
漢方薬では加味逍遥散や女神散等が効果的です。